サックスのベンド奏法、様々なジャンルで頻繁に使われる技術です。

これができるとできないのとでは、その表現力に大きな差がついてしまいますので
是非ともマスターしたい奏法です。

それほど難しくはなく、
すぐに、のどや唇等で、音程を下げたり上げたりできるようになります。
(とは言いましても、格好よくできるようになるためには、しっかりと練習する必要があります。
格好いいベンドはやっぱり難しい。。)


しかし初心者の方は、まずは真っ直ぐな音が出せるようになってから
練習した方が良いかもしれません。

経験者の方の場合に注意したいのが、
正しいベンドがちゃんとできているのかどうか、という点。

案外、これを怠っている人が多いように思います。

正しくセンスよく使うことで、格好よくキマるベンドではありますが、
音程が悪かったりすると、逆効果になってしまいます。

吹いている自分では格好よくベンドしたつもりでも、実は、、、、、
なんていうことがないように、是非この動画で再度チェックしてみて下さい!
(文責:SAXmen.jp神谷)

それでは、こちらより動画をご覧下さい!(閲覧には無料登録が必要です。)